2019年11月15日ブログオープン!

レビュー : FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO【感想・評価】

2020年3月2日より配信が開始された、「FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO」のレビュー記事です。

今回は体験版のレビューということで、雑感記事スタイルになりますがご了承ください。

FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO

今回配信が始まった「FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO」は、
2020年4月10日発売予定の「FINAL FANTASY VII REMAKE」の体験版です。

ファイナルファンタジー7は、元々は初代PSで1997年に発売されたタイトルで、
全FFの中でも特に人気の高いマザーシップタイトルです。

待望のFF7のリメイクである「FINAL FANTASY VII REMAKE」は、スクエニの切り札といっても過言ではありません。

既に数作に分けて分割で発売されることが発表されていて、
第1作目となる本作では、神羅カンパニー脱出までが描かれるようです。


 【あらすじ】

星から吸い上げた生命エネルギー《魔晄》。
《ミッドガル》――八基の魔晄炉を有する階層都市。
魔晄によって世界を掌握した巨大企業《神羅カンパニー》と
星を守るために立ち上がった反神羅組織《アバランチ》が激突する。

元ソルジャーのクラウドは、傭兵として
アバランチの《壱番魔晄炉爆破作戦》に参加していた。

魔晄炉爆破の余韻響く八番街。
炎に包まれる街で、死んだはずの宿敵の幻影が揺らめく。

消し去りたい過去の幻影に導かれ、彼女と出会う。

花売りの女性が差し出した黄色い花。
花言葉は――《再会》
その刹那、ふたりを取り囲む黒い影――《運命の番人》。

今、想いが再び星を巡る。

公式サイトより)



ゲーム内容について

壱番魔晄炉爆破作戦が楽しめる!


今回配信が始まった「FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO」では、
ゲーム冒頭部分である「壱番魔晄炉爆破作戦」を楽しむことができます。

ボリュームとしては、大体1時間半から2時間程度でクリア可能です。

ただし冒頭部分ということで、操作できるキャラはクラウドとバレットのみ。
ヒロインであるエアリスやティファを操作するのは、製品版でのお楽しみということになります。

アクションは爽快感があって◎


原作から変更された部分として、
戦闘がコマンドバトルからアクションになったことが挙げられます。

「アクションは苦手」という人もいると思いますが、
本作では最初から難易度調整が可能なため、誰でもクリアすることは可能になっていると思います。

私はノーマルでプレイしましたが序盤ということもあってか、
雑魚戦は楽すぎで歯ごたえがなかったですね。
もう少し強くても良いんじゃないかなと思いました。

まあ雑魚が固くてもだるいので、もう気持ちって感じではありますが。

ただ、ボスは中々強かったです。

操作方法の理解が不十分なまま進めていたこともあり、2回も負けてしまいました・・・。
またボス戦後に出てくる戦闘員も中々手強かった印象です。

そんなわけで、個人的にはノーマルがちょうどいいと感じる難易度でした。
最近は難易度が低いゲームも多く最初からハードで始めることもありますが、
本作に関しては仮に製品版で最初からハードを選べるとしても、私はノーマルでプレイすると思います。

アクションシステムに関しては、爽快感があって中々良いです。
また、ATコマンドバトルの要素が残っているというのも面白いですね。

本作では攻撃をするたびにATゲージが溜まっていき、ATゲージを消費することでコマンドが使えます。

コマンドでは技や魔法、アイテムなどの仕様が可能です。

またコマンドを使う際は画面がスローモーションになるため、
戦闘中でも焦ることなくコマンドを選ぶことができ、個人的には嬉しい仕様でした。
従来のATコマンドバトルの要素を、上手く取り入れている印象です。

テンポよく進められるゲーム性。


PS4のゲームだけあり、フィールドはシームレスになっています。
ロードが入ったりせずテンポよく移動することが可能です。

スクエニの技術力なら当然のことかもしれませんが、
国産タイトルだとPS4のゲームでもロードが頻繁に入るものが結構あるので、
そういう煩わしさを感じなかった点は好印象でしたね。

グラフィックは美麗。


グラフィックはさすがはFFの最新作、国産PS4ソフトの中でもトップクラスの美しさ。
PS4のゲームをあまりやった事の無い人がプレイしたら、
映像の美しさに感動するかもしれません。

ただ、海外のゲームを多く遊んでるゲーマーはどう感じるか。

正直海外トップクラスのゲームと比較すると、
グラフィックのレベルは少し落ちると思います。

FFでも海外には勝てんかーと少々残念に思う部分もあったり。

ですが、個人的にキャラのモデリングに関しては日本のゲームの方が好みなので、
総合的な映像の満足度でいえば、海外のゲームに劣るということは無いですね。

やっぱ男性キャラは格好良く、女性キャラは可愛くが理想だと思います。

気になった部分は・・・。

全体的には満足度が高く、製品版への期待が高まった体験版でしたが、
気になった部分がなかったわけではないです。

ひとつは、グラフィックがリアルになってキャラに声がついたことによる会話への違和感です。

初代PSのデフォルメ的な3Dでボイス無しなら問題ないのでしょうが、ここまでグラフィックがリアルになって声が付くと、ちょっとどうなのかと思うシーンがちらほら。

まあ慣れの問題かもしれないので、そのうち気にならなくなるかもしれませんが。

あとは、一度戦闘になるとその場所から抜け出せないことですね。

戦闘になったからといって画面が切り替わるわけでもないので、
先を急いでると、そもそも戦闘になっていることに気づかない時がありました。

全体的に画面が暗いのと、ややカメラワークが悪いため、
敵がどこにいるのか分かりづらい事もあり、
最後みたいに時間制限がある時だとストレスを感じるかもしれません。

製品版の発売がより楽しみに!


いよいよ「FINAL FANTASY VII REMAKE」が来月発売となります。

体験版である「FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO」の出来も素晴らしく、製品版の発売がますます楽しみになりました!
少なくとも、戦闘面に関しては間違いは無さそう。

問題は、ボリュームですね。

原作の感覚で神羅カンパニー脱出までというと、かなり短いです。
プレイ時間に換算すると、10時間もかからないんじゃないかな。

フルプライスで売る以上、ある程度のボリュームは求められるわけで、
RPGならクリアまで最低30時間程度のボリュームは欲しいところです。

追加要素がどの程度あるのか、気になるところです。

さて、そんな「FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO」ですが、
アクションシステムを一通り楽しめ、さくっとクリアできるボリュームになっています。
興味がある人でまだプレイしていない方は、ぜひDLしてみてください。

また体験版をDLした人全員に、メインキャラが重合したキービジュアルのPS4テーマがプレゼントされるようなので、それ目当てでDLするのもありだと思いますよ。

※DLできるのは4月10日かららしいので、その点は注意してください。

みんなの感想・反応まとめ








FINAL FANTASY VII REMAKE – スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/ffvii_remake/