2019年11月15日ブログオープン!

「ジージェネレーション クロスレイズ」 プレイ日記/感想 攻略第4回

「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」 プレイ日記 第4回


あふさ
今回のプレイ日記は、PS4「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」の第4回になります。
あふさ
SEEDシナリオの、ステージ7までの内容です。
 
 

マイキャラクター紹介


さて、今回はSEEDシナリオのステージ6からの内容となるわけですが、
その前に、作成したマイキャラを紹介したいと思います。

ステージ3をクリアした後から、
戦艦のクルー及び、チームマスターとチーム1のパイロットは、
全てマイキャラにしてプレイしています。

まず1人目。
チームマスターの「アルティナ・リンドバーグ」。

名前は、本作と並行してプレイしているスマホアプリ、ディスガイアRPGに、
唯一初期参戦できなかったマザーシップタイトルのヒロイン、
アルティナから取りました。

ちなみに、キャラの雰囲気は全然違います。

搭乗機は「ストライクノワール」。

前回のプレイ日記の時点では「パーフェクト・ストライク」でしたが、
こちらへ開発しました。
まあ、性能は下がったかもしれませんけど。

格好良いですし、このままこの機体で行ってもいいのですが、
チームマスターのMSとしてはちょっと性能が低い気がするので、悩みどころです。

2人目。
チーム1のリーダーである「アフサ・フォーブス」。

最初に作ったキャラなので、
プレイヤーの分身として、管理人と同じ名前になっています。
最近は思考停止で、主人公キャラにはあふさと名前を付けています(笑)。

搭乗機は「ブリッツガンダム」。

最終的に「フォビドゥンガンダム」に乗せたいので、
開発するためにブリッツに乗せています。

しかし、SEEDの初期ガンダム5機のうち、ブリッツだけ派生が無いんですよねー。
MSのデザインで言えば、5機の中でトップクラスに格好良い気がするんですけど。

3人目は、「ホランド・ターナー」。

名前は、マイフェイバリットアニメ「交響詩篇エウレカセブン」のホランドから。
同じ銀髪(白髪か?)ですからね。

おっさんキャラ枠として作成。

搭乗機はレギンレイズ・ジュリア(地上戦仕様)。

とりあえず開発を重ねて作ってみた機体ですが、
正直、高機動型MS感が凄くて、キャラのイメージに合わないんですよね。

あとデザインにしても、
本機のような格好いい路線ではなく、渋い路線のMSに乗せたい。
「レギンレイズ」は良かったのですがね。

鉄血なら「ガンダム・グシオンリベイク」とかが良いかな。

4人目は、「スミノフ・ダイアー」。

粗暴なキャラをイメージして作成。
名前も、そんな感じのイメージで。

搭乗機は「スコーピオ」。

開発を進めていったら出来たので、とりあえず乗せています。

基本性能は結構高いですが、武器の数も少なく、映像的にも地味なので、
ちょっと微妙。
そのうち他の機体へ変えます。

攻撃寄りの機体に乗せたいので、
W系なら「ヴァイエイト」とかが良いかなー。
性能がどうかという問題もあるけど。

モビルアーマーに乗せるのもアリかもしれない。

最後、5人目は「アニス・レッドフィールド」。

天才肌で、優秀な新人パイロットキャラというイメージです。
実際、反応値と覚醒値が高く、それっぽいステータス。

搭乗機は、「フェニックスガンダム(能力開放)」。

前回までアフサを乗せていた機体に、
今はアニスを乗せているという形。

今後何に乗せるかは未定ですが、高機動型MSが良いかなと思ってます。
出来ればガンダム系以外の赤いMSが良いんですが、
私が知っている中では、思い当るものが無いんですよね。

色を度外視するなら、
「レギンレイズ・ジュリア」とか良いかもしれない。

マイキャラ以外の遊撃チームはこんな感じです。
現状、あまり力を入れていませんが、今後資金に余裕ができてきたら、
ちゃんとスカウトとかをして作り込んでいきたい。

ちなみに、現段階でスカウトして育てているキャラは、
ガナード(スーパーハイペリオンガンダム)のみ。

なんか、SEEDシナリオクリアするまでは、本編のキャラは使いたくないんですよね。

STAGE06 舞い降りた剣


ここからは、ステージについての内容となります。

ステージ6のタイトルは「舞い降りた剣」。
SEEDファンにとってはお馴染みの、フリーダムが登場した回のタイトルです。

前回まではストライクでしたが、
シナリオパートで、ストライクとイージスは大破しました。

ここもムービーは無かったかー。

個人的には、SEEDに関してはそこまで好きなわけではないんですけど、
シナリオを呼んでいると懐かしい気持ちになり、本編をまた見たくなりますね。

まあ、さすがに50話のアニメを再視聴するのはキツイですけど。

今回のステージも水上を舞台としているので、
空を飛べないMSは、SFSに乗せて出撃させました。

そんな中で「ストライクノワール」は、
空も飛べますし、低燃費で結構使いやすいですね。
それに格好良い。

ただ、射程が最大で4なので、そこは残念です。

そして、今回から登場するフリーダムはさすがの強さ。

ニュートロンジャマーキャンセラーで毎ターンエネルギーを回復するので、
あまりエネルギーを気にせず戦えるのもが非常に便利です。
主役期なので、演出も凝っていました。

今回のステージでブリッツに積極的に敵を堕とさせた結果、
早くも念願のフォビドゥンを開発できるようになったので、
ステージ6クリア後に、さっそく作ってみました。

基本性能はそこそこという感じです。

ただ、実弾にもビーム兵器(射撃のみ)にも強く、
自身の武器も実弾兵器とビーム兵器があり、最大射程は6なので、
使い勝手は良さそうな気がします。

まあ、Lv.100くらいまで育てれば、
ストフリとかにも負けないんじゃないですかね!

STAGE 07暁の宇宙へ


続くステージ7では、ジャスティスが登場し、バスターが仲間になります。
さらにムウの搭乗機が「パーフェクトストライク」になり、オーブの「M1アストレイ」も参戦。

そして敵側では、連邦軍の新型ガンダム3機が登場と、
目新しい要素が盛りだくさんのステージとなっておりました。

ただ、せっかく初登場したこの3人ですが、
特に苦戦することもなく、あっさり倒してしまいました。

自軍ユニットが充実してきたのもありますが、
ジージェネって、ユニット1機の強さはたかがしれている気がします。

難易度の高さは物量と、敵の配置で決まる印象です。

ゲストユニットでは、既に「パーフェクトストライク」は入手済みなので、
「バスターガンダム」と「M1アストレイ」に、なるべく敵を撃墜させるようにしました。

M1アストレイに関しては、次のステージあたりで入手できそう。
バスターは、もう少しかかるかな?

フリーダムとジャスティスに関しては、ゲットゲージが全然上がらないので、
シナリオクリアまでに入手できるか、ちょっと分からない感じ。

ただ、2機ともニュートロンジャマーキャンセラーの効果で、毎ターンエネルギーが回復するので、ステージによっては20機くらい撃破できそうですし、頑張ればなんとかなるかも?


また、開発したばかりのフォビドゥンも積極的に使いましたが、
どの武器も演出が結構良く、そこは満足です。

ただ、やっぱすぐガス欠になるので、
オプションパーツとかでエネルギーを増やしたいですね。

そして、ステージクリア後には沢山のキャラが、
スカウトリストに登録されました。

アストレイ3人娘とかも、使ってみたい。

終わりに


本編の内容とは直接関係ないですが、
私は「ストライクノワール」が登場するOVAを見たことがないので、
この機会に見てみようと思っています。

レビューもアップする予定なので、興味のある方はお楽しみに。


あふさ
というわけで、今回はここまでです。
あふさ
次回第5回は、2019年12月6日公開予定です。
 

「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」参戦作品のレビューはこちらから↓

レビュー : 機動戦士ガンダムOO 1st Season【感想・評価】

レビュー : 機動新世紀ガンダムX【感想・レビュー】