2019年11月15日ブログオープン!

「ワンダーエッグ・プライオリティ」第1話感想/評価 予想以上にファンタジー。でも、これは名作の予感!

ワンダーエッグ・プライオリティ
第1話 子供の領分

【あらすじ】

14歳の少女・大戸アイは、深夜の散歩の途中で出会った謎の声に導かれ、不思議な「エッグ」を手に入れる。
「エッグ」を持て余していたアイが、翌日昨夜の場所に再び向かおうと玄関のドアを開けると、そこはなぜか、どこかの学校の校舎に繋がっていた。
不気味な雰囲気漂う校内の様子に戸惑い逃げ込んだトイレで、アイは謎の声に促され、ついに「エッグ」を割ってしまう……。

公式サイトより)


第1話感想


思っていた以上にバリバリのファンタジーだった。
魔法みたいな能力も使うし。

ストーリーや雰囲気としてはアニメ映画とかにありそうな感じだけど、一応異世界(夢だけど)ものでもあるのか・・・。
バイオレンスな描写もあって、ちょっと驚きましたw

話の筋としては結構重い感じです。

主人公はこれまでクラスメイトからイジメを受けており、いじめから庇ってくれた親友が今度はいじめられ自殺した事がきっかけで不登校になっているという設定・・・なのかな?

イメージビジュアルでは満面の笑顔が特徴的だったので、思っていたのと違うと感じた視聴者は一定数いそうですね。

主人公の性格といい、
雰囲気的には「心が叫びたがってるんだ。」に近いものを感じる。
どことなく、今敏っぽさもあったかな?


物語の目的は親友を蘇らせることにあるようで、夢の中で出会った人を沢山助ければ親友は蘇るらしいです。

ただあのカナブン、どうも怪しい気がしますよね。
具体的な言及は避けていましたし。

まあ1話で提示された筋道通りにストーリーが展開していくなんてありえないと思うので、ここから二転三転あるのでしょう。

ちなみにプライオリティとは、物事の優先度を意味する言葉です。

今回の内容で言うならば、イジメられている被害者よりも、それを庇うことによって起こる自分への被害を優先する・・・ということでしょうか?
色々と意味が込められていそうなタイトルですね。

なんにしても、アニメーションとしては間違いなくリッチでしたし、話としても先が気になる作りになっていたので、1話としての完成度は高かったと思います。

真面目な作風ゆえにキャラの魅力とかはまだまだ分からない所ではありますが、今後に十分期待できるクオリティでした。

メッセージ性が強い作品になりそうなので、作品としての主張を娯楽としての面白さと共存させつつ、視聴者に上手く伝えられるかどうかが評価の分かれ目となりそうです。

こういった作風のオリジナルアニメで大ヒットとなると中々厳しいと思いますが、この力の入り具合で全然売れないのも悲しいので、スマッシュヒットを目指して頑張って欲しいところですね。


評価:★★★★★★★★☆☆(8点)



↓↓他の冬アニメ感想はこちら↓↓

【2021冬アニメ】感想/評価まとめ



みんなの感想まとめ


視聴者さんの感想も、好評なものが多かったです。
アニメーションとしての質は間違いなく高いので、今後のストーリー展開にも期待したいですね。


↓↓他の冬アニメ感想はこちら↓↓

【2021冬アニメ】感想/評価まとめ



ワンエグがどこよりも早く見られる!

dアニメストアでは、「ワンダーエッグ・プライオリティ」を毎週火曜24時から地上波先行で最速配信を行っています。

さらに、現在dアニメストア会員限定で、dブックで冬アニメ原作を購入した場合に限り、90%のdポイント還元セールも実施中となっています(最大5000ポイント)。

ワンエグの続きがいち早く見たい方、 原作を読みたい冬アニメがある方は、この機会にぜひdアニメストアを利用してみてはいかがでしょうか?

↓↓無料登録へ↓↓

ドコモ公式/dアニメストア 【初回31日間無料】