2019年11月15日ブログオープン!

【2021】冬アニメおススメ評価ランキング【初回編】


ご訪問ありがとうございます、管理人のあふさです。
この記事では2021年冬アニメの第1話終了時点でのランキングを紹介しています。
個人の趣味趣向に基づくものであり、世間一般のものとは異なりますので、その点はご了承ください。


続編ものを除いた新作冬アニメ20本の、1話終了時点でのランキングとなります。


20位  俺だけ入れる隠しダンジョン

第20位には「俺だけ入れる隠しダンジョン」がランクイン。

これねー、ネタとして楽しめるって人がいるのも理解はできるんですよ。
でも、さすがにストーリーが酷すぎると思うんですよね。

それに2話はただエ〇アニメになっていましたし、ネタアニメとしての勢いを1クール持続できるのかも正直疑問です。
設定自体はテンプレートだから、途中で飽きられそうな気がしますが・・・。


第19位  オルタンシア・サーガ

第19位には「オルタンシア・サーガ」がランクイン。

アニメとしての作りが安っぽく、世界観もこれといった魅力に欠けるため、冬アニメを全部見た人でこれが一番つまらないっていう人も結構多そう。

今後の展開に注目したいところですが、原作がスマホという時点で右肩上がりに面白くなるというのは期待薄かなと。

しかし、あの弓で討たれるシーンは酷かったなぁ・・・。


第18位  EX-ARMエクスアーム

第18位には「EX-ARMエクスアーム」がランクイン。

CGのクオリティがあまりにも低く今期のネタ枠になっていますが、シドニアくらいのクオリティでアニメ化していれば間違いなく上位だった気がします。
ストーリー自体は結構面白いと思うんですよね。

なんでここまで酷いクオリティになってしまったのか・・・。
原作ファンは噴飯ものなんじゃないかな。


第17位  回復術士のやり直し

第17位には「回復術士のやり直し」がランクイン。

なろうらしい、女の子にイケないことしちゃうぞっていう内容。

ヒロインの性格をクズ設定にしたのは、爽快感のある復讐劇を描きたかったとかではなく、単にエロい展開にする上での免罪符が欲しかったからでしょうね(笑)。

内容的には今期で一番キツイかも。


第16位 たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語

第16位には「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」がランクイン。

周りが凄い人ばかりという環境で育った主人公は、自分が強いという事に気がついていないという設定ですが、漫画で似たような設定のものを見たことがあるし、そんなに珍しい設定ではなさそう。

今期のなろう系アニメの中で、一番インパクトが弱い気がする。


第15位 ゲキドル

第15位には「ゲキドル」がランクイン。

アイドル+演劇といった設定の上に、SF要素まであって、ちょっとゴチャゴチャしている印象を受けます。

今後面白くなる可能性はありますが、現時点では未知数な部分が多く不安が大きい作品ですね。


第14位 裏世界ピクニック

第14位には「裏世界ピクニック」がランクイン。

導入部分は少し入り込みづらさを感じたし、世界観にもあまり魅力を感じられず。

あまり見ないタイプの作品だけど、設定が凝っているわけでもなければ斬新ってわけでもないため、単なる地味な作品に見えてしまう。

都市伝説とかに魅力を感じる人であれば楽しめるのかもしれません。


第13位 弱キャラ友崎くん

第13位には「弱キャラ友崎くん」がランクイン。

若干変化球ではあるものの、冴えない男がハーレムを築くというベース部分は、過去のラノベアニメで何度も見た、良くある展開。

人生をゲームに見立てて攻略していくっていうのが本作のオリジナリティになるわけですが、それが果たして面白いのかどうかが問題ですね。
あまり作風が好みじゃないので、期待値は低め。


第12位 怪病医ラムネ

第12位には「怪病医ラムネ」がランクイン。

このアニメに関しては、シンプルに好みじゃないという感じですね。
お話自体は若干違和感があるものの悪くは無かったと思いますが、絵柄とかキャラの感じとか、そういう部分に対して惹かれるものがありません。

1話完結型の作品みたいですし、ブログをやっていなかったら間違いなく1話切りしたと思います。


第11位 蜘蛛ですが、何か?

第11位には、「蜘蛛ですが、何か?」がランクイン。

異世界転生で転生先が人間じゃないというのは過去にもありましたが、転生先が人によって違うというのはちょっと新しい・・・。

人間に転生したクラスメイトと蜘蛛に転生した主人公達?のクロスオーバーによって、転スラと違う本作ならではの持ち味を出せるのかに注目したいですね。



というわけで、
以上が11位から20位までの、下位10作品の紹介になります。

「蜘蛛ですが、何か?」で大体平均点くらいかなと思うので、1話時点の印象だと、今期は可もなく不可もなくのクールとなりそうです。

それでは引き続き、上位10作品の発表に移りたいと思います。


第10位 装甲娘戦機

第10位には「装甲娘戦機」がランクイン。

設定からしてうーんという感じでしたし、原作もソシャゲという事で、期待値はかなり低かったです。

しかし、1話に関しては意外にも見られる内容だったように感じました。
この調子で最後まで頑張って欲しいですね。


第9位 バック・アロウ

第9位には「バック・アロウ」がランクイン。

谷口悟朗×中嶋かずきという事で期待値はかなり高かったですが、1話の内容はその期待に応える内容では残念ながらありませんでした。

2クールあるロボアニメなので、今後に期待ですね。



第8位 天地創造デザイン部

第8位には「天地創造デザイン部」がランクイン。

生き物の生態を扱っているため、視聴することで得られるものが多く、教育アニメみたいな内容となっています。
ただ、エンタメとしての魅力があるかというと・・・。

ストーリー性も弱いので、夢中になったりすることは無さそう。


第7位 スケートリーディング☆スターズ

第7位には「スケートリーディング☆スターズ」がランクイン。

同じ谷口悟朗でも、「バック・アロウ」よりこちらの方が1話時点では面白かった(笑)。

ターゲットが被っていそうなSK8と比較すると劣る印象はありますし、スケートアニメなのでユーリと比べてどうなのかという問題も出てきますが、1話は無難に面白い内容だったと思います。

第6位 怪物事変

第6位には「怪物事変」がランクイン。

ジャンプ系の作品だけあって、分かりやすく面白い。
キャラや世界観にあまり魅力は感じないけど、そこは今後の見せ方次第かなと思います。

ただ、最近本作のような和風設定のアニメが連続で大ヒットしているので、鬼滅や呪術廻戦と比較されそうなのが可哀そうな所ではありますね。


第5位 IDOLY PRIDE

第5位には「IDOLY PRIDE」がランクイン。

1話で予想外の展開を見せてくれたため、少ながらず作品に対して惹き込まれてしまいました。
ただその部分を面白さに反映できるかはまだ分からないので、1話がピークにならないことを祈っています。

ゲキドルと比べると、1話時点の期待値は大分高めです。


第4位 ホリミヤ

第4位には「ホリミヤ」がランクイン。

どことなくノイタミナ感のある、ザ・青春って感じのアニメ。
展開の早さは気になるものの、空気感の作り方は抜群に上手い。

原作が15巻と結構出ているため、それを消化するためにハイペースになったりしないかが不安要素ですね。
とりあえず1話は良かったです。




それでは、いよいよトップ3の発表になります。
果たして1話時点でトップに輝いた冬アニメはどの作品なのか。

では、第3位から発表していきます。


第3位 ワンダーエッグ・プライオリティ

第3位には「ワンダーエッグ・プライオリティ」がランクイン。

ドラマなどをメインでやっている脚本家さんのアニメ初脚本作品というだけあって、他の深夜アニメとは一線を画するオーラを持っています。
作画のクオリティと雰囲気が、アニメ映画のようです。

今後どう転ぶかは分かりませんが、そこは野島伸司さんの実力に期待したいところです。



第2位 SK∞ エスケーエイト

第2位には「SK∞ エスケーエイト」がランクイン。

まさかこういったタイプのアニメが2位になるとは思っていなかったので、自分でも驚きです(笑)。

一見すると女性向けのBLアニメに見えなくもないですが、1話を見る限りそういった要素は特に無くて、とても見やすい内容でした。

作画はさすがボンズって感じで良く動きますし、キャラもしっかり立っているので、1話時点では今期トップクラスの面白さだったと思います。

女向けアニメだと思ってスルーしたメンズの皆さんは、今からでもぜひ見てみてください。


第1位 無職転生 ~異世界行ったら本気だす~

というわけで、第1位に輝いたのは「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」です。

このランキングの順位を見てもらえば分かる通り、私はなろう系が好きではないため、本作の期待値もかなり低かったです。

しかし、この作品は設定こそシンプルな異世界転生であるものの、その部分を非常に丁寧に描いていて、なろう系に抱きがちな不満をほぼ感じなかったんですよね。

また、この手の作品は予算の関係で作画も低クオリティになりがちですが、本作は映像面もかなり高品質に仕上がっていて、力の入り具合が他と全然違うという事が伝わってきます。

1話に関しては、なろうアンチの私でも認めざるを得ない出来栄えでした。
設定は王道の異世界転生ですが、ある意味一番衝撃を受けましたね。
まさかこんなベタななろう系を1位にする日が来るとは・・・。



終わりに


以上が、2021年冬アニメおススメ評価ランキングの初回編になります。
いかがだったでしょうか。


1位と2位は全く期待していなかった作品なので、
今のところ、今期はダークホースが面白いという印象が強め。

圧倒的に「これが面白い!」って作品は無いですが、続編ものの存在を合わせればかなり充実したクールと言えるんじゃないかと思います。

個人的には「バック・アロウ」に期待しているので、ここから盛り返して欲しいところです。


↓↓冬アニメ感想はこちらから↓↓

【2021冬アニメ】感想/評価まとめ



>あふさの館

あふさの館

独断的アニメレビューとゲームレビューのブログ