2019年11月15日ブログオープン!

「ソマリと森の神様」第7話感想/評判まとめ 手がかりの本が食われたのはただの偶然だった?

「ソマリと森の神様」
第7話 魔女に縋る足取り


【あらすじ】

共に砂漠を超えるゴーレムとウゾイたち。
旅の中でゴーレムは旅の目的をハイトラに明かす。
砂漠の果てでウゾイたちと別れた後、ゴーレムとソマリは魔女の村へ向かう。
魔女印図書館に人間のことを記した本『ハライソの伝記』があることを知った2人は、司書のヘイゼルと共に本を探す。

公式サイトより)



みんなの感想まとめ



あふさ
というわけで、「ソマリと森の神様」第7話の感想をまとめました。
 

↓他の感想記事はこちら↓

関連記事

こちらのページでは2020冬アニメの感想記事をまとめています。全部で25作品、並びは五十音順です。長くなっているので、よろしければ目次をご利用ください。※今期の途中から感想記事を書き始めたため、前半部分は欠落しています。ご了承くだ[…]



管理人によるアニメレビューはこちらから↓
カテゴリー|アニメレビュー



TVアニメ「ソマリと森の神様」公式サイト
https://somali-anime.com/