2019年11月15日ブログオープン!

「ランウェイで笑って」第6話感想/評判まとめ 才能を開花させる育人と、未だくすぶる千雪の対比が心を打つ。

「ランウェイで笑って」
6着目「優越感と劣等感」


【あらすじ】

参加者が自分でデザインした服を披露する芸華祭一次予選。育人が選んだモチーフは審査員の予想を大きく裏切るものだった。審査員たちの育人への評価は……⁉ 一方、夢に向かって突き進む育人に感化された千雪も、自分の力で道を切り開こうと片っ端からモデルの仕事先へ自らを売り込んでいた。

公式サイトより)



みんなの感想まとめ



あふさ
というわけで、「ランウェイで笑って」第6話の感想をまとめました。
お金が無い育人はどうするのか、次回気になりますね。
 

管理人によるアニメレビューはこちらから↓
カテゴリー|アニメレビュー


2020年冬アニメ感想記事はこちらから↓
カテゴリー|2020冬アニメ感想



TVアニメ「ランウェイで笑って」公式サイト
https://runway-anime.com/