2019年11月15日ブログオープン!

「地縛少年花子くん」第6話感想/評判まとめ 妄想交換日記は早めに卒業すべし。

「地縛少年花子くん」
第6話 16時の書庫


【あらすじ】

告白の木、輝との対立の一件から、寧々と光は花子くんの秘密を知ろうと
五番目の七不思議、『16時の書庫』へと入り込む。
書庫の中には学園にまつわる全ての人の過去と未来が記された本が並んでいた。
寧々は花子くんの本を探すうちに、自身のことが書かれた本を見つけてしまい……。

脚本:中西やすひろ 絵コンテ:瀬村俊一郎 演出:三橋桜子
作画監督:Zhang Minjun・Park Ji-seung・朱榮雙 ・Zhu Rong huang ・王慶明・川本由記子・鈴木春香・實藤晴香・三橋桜子・幸野浩二・安形佳己・樋口博美・黒澤桂子

公式サイトより)



みんなの感想まとめ



あふさ
というわけで、「地縛少年花子くん」第6話の感想をまとめました。
やっぱ1クールだと、カットなども多くなりがちなので、原作ファンから不満は出ちゃいますよね。
 

管理人によるアニメレビューはこちらから↓
カテゴリー|アニメレビュー


2020年冬アニメ感想記事はこちらから↓
カテゴリー|2020冬アニメ感想



TVアニメ「地縛少年花子くん」公式ホームページ|TBSテレビ
https://www.tbs.co.jp/anime/hanakokun/