2019年11月15日ブログオープン!

「映像研には手を出すな!」第4話感想/考察/評価 少しずつ作画が悪化しているような?

「映像研には手を出すな!」
第4話 そのマチェットを強く握れ!


【あらすじ】

予算審議委員会で上映する短編アニメに取り組む映像研の3人。しかし作業はなかなか進まない。風景だけのカットを入れたり見せ場を繰り返すなど、浅草がテクニックを駆使するが、動きの細部にこだわる水崎の作画の遅れは取り戻せない。金森は、脅したりすかしたりして妥協案を提示する。そして迎えた委員会の日。相手となる生徒会は、「生徒会には手を出すな」と言われるやっかいな存在だ。映像研は予算を獲得することができるか?

公式サイトより)


管理人の感想


あふさ
さて、「映像研には手を出すな!」第4話は、予算審議委員会で予算を獲得するお話。
いよいよ、3人が作るアニメもお披露目です。
 

ついに映像研の3人が作ったアニメがお披露目ということで、
展開的には序盤の山場と言える内容でした。

ただ、完成したアニメそのものには、あまり面白みを感じられなかったというのが正直なところ。
完成版といっても、ひとつひとつのシーンはこれまでに何度か見ましたからね。
あまり新鮮味が無かったですな・・・。

それにあくまで高校生が作ったアニメということなので、アニメ自体のクオリティは高くありません。
そのため、映像として見応えがあったというわけでもなかったように思います。

SHIROBAKOでも似たような展開がありましたが、映像面で考えるのであれば、アニメ会社を舞台にしたあちらの方がインパクトはあったと思いますね。

画面から飛び出す演出は、臨場感の表現という以外に、そういったことを踏まえてのやり方だったのかなと思うんですけど、過剰演出だと感じてしまい合わなかったです。

あと作画のレベルが少しずつ下がっているような・・・。
今回の作画なんかは、他のアニメと比べて特別良いと言えるようなものではなかった気がします。

とはいえ、話としては面白かったです。
妥協を繰り返しながら、なんとか一つの作品を作り上げたというのは感動的です。

アニメを作っているのは浅草氏と水崎氏の二人ですが、金森氏がいなければしっかりとしたものを期限までに仕上げることはできなかったでしょう。
金森氏の果たした役割は非常に大きく、
各キャラクターにしっかりと意味を持たせることができてる点は素晴らしいと思います。

予算をゲットし今回で区切りがついた形なので、次回からどういった展開になるのか楽しみです。


評価:★★★★★★★☆☆☆(7点)


みんなの感想まとめ



2020年冬アニメ感想記事はこちらから↓
カテゴリー|2020冬アニメ感想



TVアニメ「映像研には手を出すな!」公式サイト
http://eizouken-anime.com/