2019年11月15日ブログオープン!

「映像研には手を出すな!」第11話感想/評判まとめ テーマは【共存】。そして、まとまっていくストーリー。

映像研には手を出すな! 
第11話 それぞれの存在!


【あらすじ】

コメットAでの新作アニメ発表のためにDVDの複製を依頼していた写本筆写研究部が、不正取引で警備部に摘発された。教頭や生徒会による映像研への監視の目は厳しくなるばかりだ。しかし金森は、学校側が活動を認めざるを得ない状況に持ち込む策をめぐらせていた。一方、浅草はなかなか決めきれずにいた「敵」の設定とストーリーの核心についにたどり着く。コンテができあがったことで水崎の作画も順調に進み、完成が見えてきた。

公式サイトより)



みんなの感想まとめ



⬇他の感想記事はこちら⬇

関連記事

こちらのページでは2020冬アニメの感想記事をまとめています。全部で25作品、並びは五十音順です。長くなっているので、よろしければ目次をご利用ください。※今期の途中から感想記事を書き始めたため、前半部分は欠落しています。ご了承くだ[…]



管理人によるアニメレビューはこちらから↓
カテゴリー|アニメレビュー



TVアニメ「映像研には手を出すな!」公式サイト
http://eizouken-anime.com/