2019年11月15日ブログオープン!

「インフィニット・デンドログラム」第6話感想/評判まとめ ゴゥズメイズ編あっさり終わった

「インフィニット・デンドログラム」
第6話 小数点の彼方


【あらすじ】

レイが救出した少年は山賊団の頭目の一人メイズに操られていた。油断したところをナイフで刺されたレイ。塗布された秘薬によって複数の状態異常を受けるが、膨れあがる怒りと殺意がレイを突き動かした。メイズを圧倒するほどの威圧感を見せるが……。

脚本:百瀬祐一郎 絵コンテ:関谷真実子 演出:村長
作画監督:火鳥動画制作集団、光の園・アニメーション、寿門堂、tap

公式サイトより)



みんなの感想まとめ



あふさ
というわけで、「インフィニット・デンドログラム」第6話の感想をまとめました。
展開が早いのは、原作の区切りの良いところまでやるために巻いてるから、ということみたいですね。
 

管理人によるアニメレビューはこちらから↓
カテゴリー|アニメレビュー


2020年冬アニメ感想記事はこちらから↓
カテゴリー|2020冬アニメ感想



TVアニメ「インフィニット・デンドログラム」公式サイト
https://dendro-anime.jp/