2019年11月15日ブログオープン!

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」第8話感想/評判まとめ メイプルちゃん、人間を辞めるw

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 
第8話 防御特化と第三回イベント。


【あらすじ】

第三回のアイテム集めイベントに苦戦するメイプル。平和なアイテム回収と思いきや、サリーたちが心配したとおり、メイプルはまたも誰もが予期しない展開に。転移の魔法陣を抜けた先、そこに現れたのは、なんと隠しボスの悪魔!丸呑みにされてしまったメイプルは、悪魔の胃の中で溶かされていくのだが……。

STAFF
脚本:永井真吾 絵コンテ:ワタナベシンイチ 演出:伊部勇志 総作画監督:平田和也、山吉一幸 作画監督:古谷梨絵、寿夢龍、大槻南雄、船越麻友美、青木慎平、水﨑健太、前嶋弘史

公式サイトより)



あふさの感想


メイプル、ついに人外の怪物にw

第3回イベントは討伐数を競うイベントだったのでAGLが低いメイプルにとっては不利だったわけですが、途中で崖から落ちてイベントと全く関係の無い隠しボスと戦ってパワーアップするというねw

運がいいなー(棒)

しかし、あのグロテスクなビジュアルにはビックリ。
作品の雰囲気とのギャップがあるし、なにより需要あるのかな?
まあインパクトという面では良かったと思いますが。

そして、イベント後に開放された第三層でもいきなりボスと戦って、
今度はロボットになれるようになったメイプルちゃん。

前回のラストで天使になれるようになったと思ったら、
今回はさらにエイリアンとロボになれるようになったというw

うーん、しかし、、、

さすがにちょっとやりすぎでは?

メイプルが自由すぎて、ゲームという制約が無いようなものなのがなー。

ゲームの世界なんですから、もう少し攻略している描写が欲しいところです。
やってることはご都合主義とチート能力でゴリ押しなんですもん。

そういうハチャメチャ感を楽しむ作品なのは理解できますが、
仮に主人公が男性だったとしたら、痛々しくて見ていられないんじゃないかと。
その辺り、なんだかなーって感じなんですよね。

ただ、戦闘シーンは迫力があって良かったと思うし、
内容としても見ていて笑えたので、これはこれで良いのかもしれない。




↓作品のレビューはこちらから↓

関連記事

2020年1月から、2020年3月にかけて放送されたTVアニメ、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」のレビューです。【あらすじ】「夢中になれる世界は、ひとつじゃない。」人気のVRMMO「Ne[…]



みんなの感想まとめ




管理人によるアニメレビューはこちらから↓
カテゴリー|アニメレビュー


2020年冬アニメ感想記事はこちらから↓
カテゴリー|2020冬アニメ感想



TVアニメ「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」公式サイト
https://bofuri.jp/