2019年11月15日ブログオープン!

「とある科学の超電磁砲T」第15話感想/評価まとめ 海に連れて行けるってだけでもう・・・。

とある科学の超電磁砲T 
第15話 やくそく


【あらすじ】

『才人工房(クローンドリー)』で能力開発を受けていた幼き日の警策は、同じ施設で治療を受けていたドリーの世話を任されていた。ある日、ドリーの生命維持装置に疑念を抱いた警策は、彼女の「治療」の真実を知ってしまう。クローンとして生み出されたドリーは、実験のために命を削られていたのだ。実験を中止してほしいという訴えもむなしく、捕らえられドリーと引き離されてしまう警策。学園都市に抱いた深い怒りと憎しみを糧に、復讐を誓って戦い、敗北し続けた彼女がたどり着いた計画は、またも失敗に終わる。その先に待っていたのは、ドリーを巡るもう一人の少女「みさきちゃん」との出会いだった――。

公式サイトより)


↓管理人の春アニメ感想はこちら↓

あふさの2020春アニメ感想


みんなの感想まとめ




↓管理人の春アニメ感想はこちら↓

あふさの2020春アニメ感想


↓その他の春アニメ感想記事はこちら↓

2020春アニメ感想

超電磁砲T感想記事一覧




TVアニメ「とある科学の超電磁砲T」公式サイト
https://toaru-project.com/railgun_t/