2019年11月15日ブログオープン!

「とある科学の超電磁砲T」第10話感想/評価まとめ 雷神御坂キタ――(゚∀゚)――!!

とある科学の超電磁砲T 
第10話 才人工房 クローンドリー


【あらすじ】

捕らえたはずの木原幻生は、彼の送り込んだ影武者だった。その事実に、食蜂は別の危険な可能性に気付き、即座に行動を開始する。襲撃を受ける食蜂のセーフハウス、想定外の事態によって塞がれる道――。食蜂が急ぎ、幻生が向かっているであろうその場所は、食蜂が幼いころに関わった、とある計画と関わりのある施設だった。当時、『才人工房(クローンドリー)』と呼ばれるその研究機関で能力開発を受けていた食蜂は、ドリーという少女と出会う。病気で機械の助けがなければ生きられず、仲の良い友だちと離れたばかりだというドリー。彼女のお守りを任された食蜂だったが、触れ合ううちに仲良くなり――。

公式サイトより)



みんなの感想まとめ




↓その他の春アニメ感想記事はこちら↓

2020春アニメ感想



とある科学の超電磁砲T Vol.1<初回仕様版> [ 佐藤利奈 ]



とある科学の超電磁砲T Vol.2<初回仕様版>【Blu-ray】 [ 鎌池和馬 ]



fripSide/final phase(TVアニメ「とある科学の超電磁砲T」オープニングテーマ)(初回限定盤)(DVD付)




TVアニメ「とある科学の超電磁砲T」公式サイト
https://toaru-project.com/railgun_t/