2019年11月15日ブログオープン!

レビュー : 精霊の守り人【感想・評価】

2007年4月から、2007年9月にかけて放送されたTVアニメ、
「精霊の守り人」のレビューです。


【あらすじ】

「運命には勝てない。でも、運命には負けない。」

この世と平行して存在する目に見えない世界<ナユグ>の「水の精霊」の卵を産みつけられてしまったため、父帝から命をねらわれることになった新ヨゴ皇国第二皇子チャグム。
彼は刺客の罠にかかったところをバルサという短槍使いの用心棒の女性に救われる。
養父の罪をあがなうため人助けの旅を続けていたバルサは、チャグムの護衛を引き受ける。
バルサの仲間たちとの交流の中で、
皇子という生い立ちとは関係なく一人の少年としてたくましく成長していくチャグム。
バルサは刺客を防ぎながら、「水の精霊」の卵を孵しチャグムの身を守りきれるのか…。

公式サイトより)


評価 80

【良い点】

高品質な作画


I.G制作のNHKアニメという事で、
今見ても作画のクオリティは高いと思います。
背景の美しさなんかはかなりのものです。

また戦闘シーンは回数こそ少ないものの、良く動くため迫力がありました。
異世界アニメのような魔法や必殺技とかはないので派手さに欠けるかもしれませんが、武器と体術を駆使して戦う様は渋い格好良さがあったと思います。


それと、毎回タイトルと一緒に表示されるバルサのイラストが格好良かったですね。
墨絵風のイラストはセンス抜群でした。

大河アニメとしての魅力


全体的な話の筋としては結構シンプルなものですが、
2クールという尺を活かして物語にしっかりと厚みを持たせているため、見応えのある壮大なストーリーに仕上がっていました。

バルサとチャグムの疑似家族的な絆、そしてそうした中でのチャグムの成長などはとても丁寧に描かれていたと思います。
ラストシーンは感動必至です。


世界観に関しても上手く練り上げられており、架空の世界ですが現実味がありましたね。
雰囲気がとても良く、和風という点も珍しくて好印象でした。

バルサの格好良さ

三十路の女用心棒が主人公というのはかなり珍しいというか、アニメでは他にない設定ではないでしょうか。

当然萌えアニメのヒロインのような可愛らしさはバルサからは感じられないわけですけど、その分とても格好良いです。

設定面でのオリジナリティーと作中での強さに加え、内面の魅力もしっかりと掘り下げられているので、他のアニメではお目にかかれないキャラクターであったと思います。


音楽

ラルクが歌うOPは正直言って作風に合っていなかったと思いますが、それ以外は良好でした。
BGMは場面場面に合った曲が使われるため盛り上げてくれますし、雰囲気も作り出せていました。
またEDはあまり印象に残らないんですけど、しっかり聞くと地味に良い曲です。


【気になった点】

地味さ


美少女ハーレムアニメが流行っている昨今において、
三十路の女性(綺麗ではあるが可愛くはない)を主人公に据えた作品がアニメファンに対してどの程度需要あるのかと言えば、あまりないと思います。

私個人としては硬派作風は好みですが、そちらへ偏りすぎているのは少々気になるところ。

キャラクターに堅物が多いため笑いの要素などもほぼ無く、
真面目一辺倒の作風になっているので取っつきづらくはありそう。

また単純に可愛い、格好良いと言えるキャラがほとんどいないため、
二次元的なキャラクターを求める人には合わないかもしれません。


シナリオ構成に若干難あり

2クールという尺の中で丁寧に世界観を掘り下げているものの、
中盤は話が進まないので間延び感はありました。
無駄というわけではありませんが、少々退屈だったように思います。

また、所々思ったよりもあっさりと終ってしまう箇所があり、
拍子抜けしてしまった時が何度かありました。
特にクライマックスのバトルはちょい微妙。

全体的に見れば良く出来た内容であるのは間違いありませんが、要所要所の盛り上がりという点ではいまひとつだったように思いますね。


チャグムの声

演技の安定感に欠ける所があり、時々気になりました。


【総評】


上橋菜穂子さんの同名小説を原作としたアニメ。

アニメーションとして間違いなく高品質であり、内容もしっかりとしています。
良質な和風大河ファンタジーです。

原作と比較するとオリジナルの部分も多くあり、その結果として少々間延び感はあります。
ただ決して無駄というわけではなく、中盤での世界観やキャラの描写が全体的なストーリーに深みを与えています。
原作も面白いですが、個人的にはアニメの方がより好みです。

評価するのであれば間違いなく良く出来たアニメとなりますが、お堅い作風で、なにより主人公が三十路の女性なので、一般的なアニメファンが関心を持つ作品ではないと思われます。

ですが、内容的に一般向けであり映像面のクオリティーも高いため、
幅広い層におススメできるアニメです。

本来であればこうした作品こそが日本が誇るアニメーションだと思うのですが、アニメを好む層の多くはこうした作品に興味を持たないという現実が悲しいですね。



↓「精霊の守り人」を見るなら↓

ドコモ公式/dアニメストア 【初回31日間無料】

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

U-NEXT 31日間無料トライアル【アニメ】



その他のアニメレビューはこちらから。

アニメレビュー








精霊の守り人 | NHKアニメワールド
https://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=moribito