2019年11月15日ブログオープン!

レビュー:ジョゼと虎と魚たち【感想・評価】(ネタバレ配慮)

2020年12月25日に公開されたアニメ映画、
「ジョゼと虎と魚たち」のレビューです。

※未視聴の方への配慮として致命的なネタバレは避けています。

概要


【あらすじ】

「やさしさも、涙も、憧れも、ぜんぶ」

趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きるジョゼ。
幼いころから車椅子の彼女は、ある日、危うく坂道で転げ落ちそうになった
ところを、大学生の恒夫に助けられる。

海洋生物学を専攻する恒夫は、メキシコにしか生息しない幻の魚の群れを
いつかその目で見るという夢を追いかけながら、バイトに明け暮れる勤労学生。

そんな恒夫にジョゼとふたりで暮らす祖母・チヅは、あるバイトを持ち掛ける。

それはジョゼの注文を聞いて、彼女の相手をすること。
しかしひねくれていて口が悪いジョゼは恒夫に辛辣に当たり、
恒夫もジョゼに我慢することなく真っすぐにぶつかっていく。
そんな中で見え隠れするそれぞれの心の内と、縮まっていくふたりの心の距離。
その触れ合いの中で、ジョゼは意を決して夢見ていた外の世界へ
恒夫と共に飛び出すことを決めるが……。

公式サイトより)


評価 80

ジョゼと虎と魚たち
~現代風にアレンジされた名作~

心理描写がとても丁寧
綺麗で優しいボーイ・ミーツ・ガール


本作は、田辺聖子さんの小説をアニメ映画化したものになります。
2003年には実写映画化されているようです。

私は原作、実写版共に見たことは無いので、完全な新規という立場での感想となります。

障害がテーマでありながら、重すぎず軽すぎない、そんな絶妙なバランスに仕上がっていました。

この記事ではそういった部分にも触れながら、「ジョゼと虎と魚たち」という作品をレビューしていきます。



【良い点】

【ストーリー・演出・構成】
恋愛模様が丁寧


この作品は障害をテーマにした作品ですが、基本的には純愛ラブストーリーで、 恒夫とジョゼの恋愛模様が一番の見所となっています。

反発し合っていた二人が次第に惹かれ合っていくという古典的なボーイ・ミーツ・ガールですが、ひとつひとつの描写がとても丁寧です。
この部分の心理描写に関しては、抜きん出たものがあったと感じました。

夢を追ってメキシコへ行こうとしている恒夫にとって、歩けないジョゼという存在は重荷になり得るわけですけど、そういった利害関係とは別のところで彼女に惹かれていく心の動きを上手く表現できてたと思います。

関係性の変化が凄く自然で、共感できるポイントの多い恋愛模様に仕上がっていました。

テンポ感が良く、見ていて飽きない構成もお見事です。


【ストーリー】
アク抜きされた綺麗な物語


本作における障害の描き方は非常に現代的で、フラットな目線で描いているなと感じました。
障害者だからといって特別扱いするわけでもなければ、奇異の目を向けるという事もなく、ただただ優しいんですよね。

困っている人を助けるというごく普通の考え方で、周りがジョゼ対して接しているんですよ。

障害をテーマにした作品というと、重苦しいとか、陰鬱としているというイメージもあると思うんですが、ジョゼ虎は全然そんなことは無く、ポジティブなお話だったと思います。

前に進もうとする背中を押してくれるような、エネルギーを貰えるストーリーです。



【キャラクター】
ヒロインが可愛らしい


この作品の大きな魅力の一つは、ヒロインであるジョゼの可愛らしさにあります。

彼女は年齢としては26歳ですが、外へ中々出してもらえなかったため、精神的に幼いんですよね。

そんな彼女が恒夫と一緒に外へ出るようになり、ごく当たり前な日常に目をキラキラさせる様は、ひたすら可愛いです。
ワザとらしい可愛さではなく、そこに説得力があるというのが良かったですね。

また、そういった触れあいの中で少しずつ変わっでいくというのも、彼女を魅力的に見せていたポイントだったと思います。

最初は恒夫に対して反発していたのに、いつしか外出(実質デート)の際はしっかりおしゃれをするようになりますからね(笑)。
見ていてほっこりします。

こういった性格のキャラをここまで可愛らしく描けるのは、アニメならではだと思いました。



【キャラクター】
脇役に人間味がある


この作品はメインの二人を中心に構成された物語なため、他のキャラは基本的に皆脇役です。

ですが、ただ登場するだけのキャラというわけでは無く、しっかりと物語上における役割があったというのが好印象でした。

主人公の友人である二ノ宮舞や松浦隼人は聞くところによるとアニメオリジナルキャラらしいですが、そうとは思えないくらい印象的なキャラクターに仕上がっていたと思います。

また、上の項目で「周りがジョゼに対して優しい」と書きましたが、ジョゼとの交流が無い人、例えばたまたますれ違ったおじさんであったりお役所の方であったりは、ジョゼに対して厳しいというかそっけない態度を取ったりするんですよね。

そういった部分がまたリアルでしてね。

優しい物語でありつつ決して一方的ではないバランスが秀逸だったと思います。



【作画】
温かみのある作画タッチ


手描きが得意なボンズ制作の作品だけあって、非常に暖かみのあるアニメーションに仕上がっていました。
どことなく京アニっぽいタッチだったように思います。

しかし全くCGは使われていないように感じる本作ですが、実は大量のCGが使われていたらしいですね。


ボンズの技術が凄いっていうのはもちろんですが、
最近のCG技術の進化には驚かされます。


【気になった点】

【ストーリー・構成】
少々盛り上がりに欠けるか


このアニメはボーイ・ミーツ・ガールとしては凄く良い作品だと思うんですけど、障害をテーマにした作品としては若干物足りなさがあったような気がします。

まず、本作は障害を持っていることに対するネガティブな描写がほとんど無いんですよね。
序盤にあった駅のシーンでいくつかあった程度で、その後はむしろ、歩けないことによる不都合を恒夫と二人で克服していくという、ポジティブな描かれ方をしています。

まあ、その事自体は全く問題ないんです。
ただ、この作品は中盤まではラブストーリーとして色が濃いのに、終盤になると歩けない事が話の軸になっていくんですよ。

そうなってくると、そこに至るまでの段階で障害がある故の苦労とか苦悩とかをほとんど描いていないということが、キャラへの感情移入を阻害する結果になってしまったように思うんですよね。

内容としては非常に好みですし、心が温まるお話だったと思いますが、感情を揺さぶられるようなパワーは感じませんでした。
そこはちょっと残念な部分です。



【キャラクター】
ジョゼの性格


良い点としてヒロインのジョゼが可愛いことを挙げましたが、
一方で、ジョゼの性格は本作の難点でもあるかなと感じました。

どう考えても、良い女ではないですからね。
わがままですし、気分屋ですし、面倒くさい女です。
率直に言って、可愛いから許されてる感はあります。

彼女の行動によって周りに迷惑をかけているシーンなんかもありましたし、好きになれないって人も中に入るんじゃないかと思います。



【総評】



非常に良く出来たボーイ・ミーツ・ガールで、個人的にはかなり好みな作品でした。

テンポが良く飽きさせない構成になっていたので、見ていて退屈しなかったです。
派手さは無いですが映像も十分綺麗ですし、アニメ映画としてのクオリティはかなり高いと思います。

惜しむらくは、某鬼退治アニメと公開時期が被ってしまったこともあり、あまり話題にならなかった事ですかね。
面白さのベクトルは違いますが、こちらもあれに引けを取らないくらい良い映画だと思うので残念です。

障害に焦点を当てたアニメ映画だと「聲の形」なんかがありますが、私としてはこちらの方が好みでした。
もちろん、あれはあれで良い映画だと思います。

クライマックスの盛り上がりが少々弱いかなと感じはしたものの、全体的に見ればとても面白い作品でした。
恋愛描写が秀逸なので、ラブストーリー好きには強くおススメしたい1本です。




アニメレビュー 一覧へ












アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』公式サイト
https://joseetora.jp/


>あふさの館

あふさの館

独断的アニメレビューとゲームレビューのブログ