2019年11月15日ブログオープン!

【ネタバレ】波よ聞いてくれ 原作感想/評価/考察 アニメは何クールでどこまで?

2020年4月4日深夜より順次放送開始となる、TVアニメ「波よ聞いていくれ」。

この記事では「波よ聞いてくれ」のポイントを要点ごとに解説しつつ、
原作漫画を感想も各巻ごとにまとめています。

※随時リライトしていきます。
※ネタバレが嫌な人は注意してください。

「波よ聞いてくれ」ってどんな漫画?


「波よ聞いてくれ」は月刊アフタヌーンにて2014年から連載されている青年漫画です。
作者は「無限の住人」の沙村広明。

以下、あらすじです。

2015年6月4日、札幌市のスープカレー屋「VOYAGER」で働く鼓田ミナレは、職場のラジオから自分の声が流れていることに気づく。その前日、ミナレは、偶然知り合った地元のラジオ局「MRS」のディレクター・麻藤兼嗣を相手に失恋について愚痴っていたが、その愚痴は麻藤によって密録されており、その音源がラジオで流されていたのだった。ミナレは放送を止めるためにMRSに乗り込み、麻藤と再会するが、逆に彼に言いくるめられ、ラジオでアドリブトークを披露することになる。
その後、ミナレは、深夜帯に冠番組を与えられ、VOYAGERで働きつつラジオパーソナリティとしての活動を開始する。ミナレの番組『波よ聞いてくれ』は、麻藤の意向により「回ごとに企画を変える」という方針が採られており、ミナレも、自身の失恋から着想を得て制作された架空実況やオーディオドラマを放送したり、隣人を訪ねて収録を行ったり、構成作家の取材旅行に同行してレポートを録音したりと、パーソナリティとして番組作りに携わっていく。

波よ聞いてくれ-wikipedia


「波よ聞いてくれ」はラジオを題材にした作品であり、
ひょんなことからラジオパーソナリティとなった主人公、「鼓田ミナレ」を軸にストーリーが展開されていきます。

ラジオを題材にしているため普段は中々知る機会のない業界ネタなどに触れることができますが、この作品はラジオの中でも深夜ラジオを扱った作品であるという点がポイント。

深夜ラジオを聞いてことがある人はわかると思いますが、深夜ラジオはほとんど規制がないのか、ラジオパーソナリティは割と言いたい放題言ってます。
興味がある方は一度聞いてみてください。

本作もその点は同様で、かなり自由で生々しいトークが展開されます。
沙村広明ならではのセリフの切れ味も存分に発揮されてると感じました。

またラジオ放送だけでなく番組制作も扱っているため、
スタジオでトークを行うだけでなく、収録のために遠方へ取材に赴くこともあります。

そこで宗教団体に監禁されたりと、ラジオ漫画という一見地味なイメージとはかけ離れた、波乱に満ちたストーリーとなっています。

鼓田ミナレの新しいパートナーは?


主人公「鼓田ミナレ」の失恋から始まった作品なので、
新しい恋のパートナーは誰なのかというのは、原作読者及びアニメ視聴者の主な関心事の一つだと思われます。

序盤は別れた男とよりを戻すという可能性も考えられましたが、
単行本2巻にて完全に決別したため、その可能性は無し。

そのため候補は、現状3人に絞られることになります。

一人目の候補は、
ミナレをラジオの世界に引き込んだMRSの制作部チーフディレクターである「麻藤兼嗣」。ちなみに49歳。

一応言っておくと、この二人に関する恋愛描写は一切ありません。
他の候補と違い、麻藤の方もミナレに対して恋愛感情は抱いていないと思われます。

ただ作品のシナリオとして考えれば、ミナレがラジオの世界に関わることになったきっかけを与えた人物であり、その後もミナレをフォローしているので、運命の人といえるような立ち位置ではあると思うんですよね。

なのできっかけがあれば、ありえなくはないのかなと。
麻藤さん独身だし(バツイチだけど)。

年の差が大分ありますが、
24歳差くらい愛があればどうってことないでしょう←マテ。

二人目の候補は、ミナレが勤めるカレー屋の従業員である「中原忠也」。
ポジションとしてはミナレの後輩に当たります。

当然自宅では自炊し、掃除も週3日、さらに裁縫もできるといった、中々出来た男です。

彼はミナレに対して明確な好意を持っており、ミナレに対してもそのことを伝えています。
ただミナレの方は中原がタイプではないとのこと(駄目な男がタイプ)。

またミナレがラジオを始めたことで、作品が始まる前の段階よりミナレとの接点は減っており、そういった状況で二人が結ばれるというのは少し想像が難しい展開。

さらに言えば、彼のことを一途に思っているヒロインが存在するため、そっちとくっついて欲しいというのが個人的な願望です。

最後の候補は、5巻と6巻の宗教団体編で登場した美少年←すみません💦名前忘れたので後で調べます。

彼も幼いなりにミナレに好意を持っており、今後も登場するような伏線があったので候補の一人と考えられます。
そんなわけで、おねしょた展開になる可能性もありそうな本作です。

14歳という年齢が問題ですが、「成長するまで待って欲しい」というようなやり取りもあり、漫画内での時の進み具合によっては彼がパートナーになることもあり得るかも?

個人的にはこのカップリングを推したい(笑)。


予想としては・・・

本命 相手無し
対抗 該当なし
穴 中原or少年
大穴 麻藤

という感じかなw

色々言っていてなんですが、特定の相手を作らず終了となる可能性が高いと思っています。
恋愛マンガじゃないですからね。

とはいえ作品の見所の一つではあると思うので、どうなるのか注目していきたいと思っています。

乙橘槇絵の生まれ変わりが登場?

この作品に登場するヒロインの一人に「城華マキエ」というキャラがいます。
「無限の住人」を読んだ方であれば名前を見ただけでピンとくるかもしれませんが、あちらに登場する「乙橘槇絵」と瓜二つの容姿をしていて、性格も同じような感じです。

彼女は『無限の住人』の登場人物・乙橘槇絵を本作用に調整して再登場させたキャラクターである。作者によると、かつて知人の女性から「槇絵があの性格で現代にいたら相当、厄介な女」になると言われたといい、危うい女性像を描くために本作でマキエとして登場させたという

波よ聞いてくれ-wikipedia

実質的に、槇絵の生まれ変わりのようなものと言えるでしょう。

「無限の住人」においては作中最強の剣客でありながら悲惨な最期を迎えた彼女でしたが、今作では愛する人と結ばれて幸せになって欲しいというのが一読者としての願いです。

そして、彼女の想い人が、上述の「中原忠也」というわけです。

「無限の住人」を読んだ身としてはどうしても彼女に感情移入してしまうので、中原君にはミナレではなく彼女を選んで欲しいと強く思います(笑)。

というか、作者のファンの人なら多くの人がそう思うのではないでしょうか。
マキエさんには頑張って欲しいです。


第1巻感想



【内容紹介】

舞台は北海道サッポロ。主人公の鼓田ミナレは酒場で知り合ったラジオ局員にグチまじりに失恋トークを披露する。すると翌日、録音されていたトークがラジオの生放送で流されてしまった。激高したミナレはラジオ局に突撃するも、ディレクターの口車に乗せられアドリブで自身の恋愛観を叫ぶハメに。この縁でラジオ業界から勧誘されるミナレを中心に、個性あふれる面々の人生が激しく動き出す。まさに、波よ聞いてくれ、なのだ!

講談社コミックプラス


準備中。少々お待ちください。。。


第2巻感想



【内容紹介】

舞台は札幌。ついに鼓田ミナレがラジオDJデビューを迎える。ド深夜のド素人のワンマンショー。放送事故を装ったトンデモ企画で北海道全域が衝撃に包まれた。生々流転とはよく言ったもので、この日を境に彼女の人生は一変。ついに「あの男」から連絡が入ってしまうのだから穏やかじゃない。波よ聞いてくれ、とばかりに激動し始めたミナレの人生を見届けようではないか。『無限の住人』の沙村広明が極上の筆致で挑む最新刊!

講談社コミックプラス


準備中。少々お待ちください。。。


第3巻感想



【内容紹介】

『無限の住人』の沙村広明の筆が猛る! 2016年「このマンガがすごい!」オトコ編6位作品の最新刊。自身の冠番組の第3回放送を迎えた鼓田ミナレの弁舌がド深夜の北海道に響き渡った! 自分を裏切った元カレを埋蔵するという前代未聞の難企画を乗り切ったミナレだが、間髪入れず新たな火種が発生。局に投稿されたFAXをもとに同じアパートに住む男性・沖進次の自宅を訪れると、天井裏から腐敗した肉塊を発見し……!?

講談社コミックプラス


準備中。少々お待ちください。。。


第4巻感想



【内容紹介】

『無限の住人』の沙村広明の筆が猛る! 「マンガ大賞2017年」5位作品の最新刊。自身の冠番組が軌道に乗ってきたと思いきや、先輩DJに呼び出されてコンコンと説教を食らったミナレ。一方、同居人の瑞穂が思いを寄せる構成作家・久連木が藻岩山ラジオを去るという。傷心の瑞穂を思いやるミナレだったが、その背後で道内の系列ラジオ局による大規模イベントが水面下で進行していた。各人の運命がいよいよ大きく動き始める!

講談社コミックプラス


準備中。少々お待ちください。。。


第5巻感想



【内容紹介】

『無限の住人』の沙村広明の筆が猛る! 主人公の鼓田ミナレはFM局「藻岩山ラジオ」の麻藤の手引きでラジオDJデビューを飾り、紆余曲折ありつつも放送をこなしていた。一方、構成作家の久連木が小説家への転身を表明し、新作の取材旅行計画が持ち上がった。彼に思いを寄せる瑞穂はサポート役を買って出る。これにミナレも同行することになり、一行は目的地の和寒町へ。ところが謎の宗教団体に拉致・監禁されてしまった!

講談社コミックプラス


準備中。少々お待ちください。。。


第6巻感想



【内容紹介】

『無限の住人』の沙村広明の筆が猛る! ラジオDJとしてレギュラー番組を抱える鼓田ミナレは、構成作家の久連木の取材旅行に同行することになった。しかし目的地の和寒町で現地の宗教団体に拉致されてしまう。求めに応じてラジオ番組を制作したものの、団体の「音響兵器の使用」という企みを知ったことから監禁が継続される。そんな不測の事態を察し、ミナレに思いを寄せる中原ら男子3名が札幌から駆けつけ救助に飛び込んだ。

講談社コミックプラス


準備中。少々お待ちください。。。


第7巻感想



【内容紹介】

『無限の住人』の沙村広明の筆が猛る最新刊! ラジオDJとしてレギュラー番組を抱える鼓田ミナレを「バレンタインラジオ」なるイベントのMCに抜擢するプランが浮上した。一方、スープカレー屋の同僚であるマキエは密かに構成作家としてのステップを歩んでいた。そんな折、番組のSNSに「引きこもりの息子を救済してほしい」とのメッセージが届く。AD瑞穂の強い後押しを受けたミナレは、その家庭を訪ねた。

講談社コミックプラス


準備中。少々お待ちください。。。


アニメは何クールでどこまで?

原作がいまだ7巻しか出ていない時点で、1クールであることはほぼ確定。

TVアニメでやる範囲に関しては、宗教団体の話(6巻途中)までだと考えられます。
長編なのでクライマックスにちょうどいいですし、1クールで6巻途中までなら、尺配分的にもちょうどいいくらいでしょう。

ただラジオを題材にしているため台詞が多く、そこを上手くアニメに落とし込めるかが、アニメの成功を左右しそうです。



TVアニメ「波よ聞いてくれ」公式サイト
https://namiyo-anime.com/